So-net無料ブログ作成
検索選択
少しでも可能性があれば性病検査を受けてください。保険所だとほとんど無料ですがHIVが中心で検査を行わない性病も沢山あります。
病院での検査も良い方法です。しかし正直言って高額です。症状のない時の検査だけでは保険が効きません。
時間が取れない、恥ずかしくて行けない場合などそんな時は是非郵送性病検査を使ってみてください。
自宅で出来る性病検査
GMEが信頼性も高くおススメです。 アクセスランキング

非クラミジア性非淋菌性尿道炎 ブログトップ

「非クラミジア性非淋菌性尿道炎」の症状と予防法 [非クラミジア性非淋菌性尿道炎]

非クラミジア性非淋菌性尿道炎って何


非クラミジア性非淋菌性尿道炎とは、クラミジアと淋菌以外の細菌が原因で発症する尿道炎です。

マイコプラズマやウレアプラズマ、ブドウ球菌などのさまざまな病原菌が原因と考えられています。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の症状


非クラミジア性非淋菌性尿道炎は、感染者の多い性病とも言われており、症状は、性器クラミジア感染症に似ています。性行為などによる感染が考えられています。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の男性の感染者の主な症状としては、尿道からの膿、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感などがあります。膿は、少量であることが多く、白っぽい色からやや黄色がかっていることがあります。

クラミジアと同じように症状が軽く、自覚症状がない場合も多いですが、放置しておくと精巣上体炎や前立腺炎、血精液症などを引き起こすことがあります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の潜伏期と検査可能期


性行為などにより感染した日から1週間から5週間程度で症状が出始めます。症状がでて、分泌液を採取できる状態になれば検査することができます。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の治療


治療では、1週間から2週間程度抗生剤を服用します。服薬終了後、2週間から4週間経過してから再検査を受けます。病原菌の特定が難しく、再発することや不完全治癒の場合もあるため、再検査を受けることが望ましいとされています。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎も含めすべての性病は早めの検査が必要です。検査が出来るまでの期間が必要な性病もあり可能性をすぐに確認できない場合もありますがその間にもパートナーに感染させる場合もあります。

出来るだけ早く検査を行けましょう。忙しいとか恥ずかし場合など郵送(宅配)で行える性病検査キットもありますのでそれを利用するのもよいと思います。


少しでも気になることがあればすぐに郵送性病検査キットで性病検査を行いましょう。
結婚前に互いに性病でないことを確かめましょう。
郵送性病検査男女パーフェクトペアセット (ブライダルキット)
女性用性病検査キットです。
郵送性病検査キット 女性
男性用性病検査キットです。
郵送性病検査キット 男性
性病検査キットの梅毒、淋病、HIVなどの単体ごとの比較です。
性病検査キット単体項目別比較

記事が少しでも参考になれば、ぽちっぽちっとお願いします。

病気・症状 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村


nice!(0) 
共通テーマ:健康
非クラミジア性非淋菌性尿道炎 ブログトップ
郵送性病検査キット 性病検査男女パーフェクトペアセット
広告スペース
Copyright © 郵送 性病検査はgmeやkensa.bizのキットで All Rights Reserved.