So-net無料ブログ作成
少しでも可能性があれば性病検査を受けてください。保険所だとほとんど無料ですがHIVが中心で検査を行わない性病も沢山あります。
病院での検査も良い方法です。しかし正直言って高額です。症状のない時の検査だけでは保険が効きません。
時間が取れない、恥ずかしくて行けない場合などそんな時は是非郵送性病検査を使ってみてください。
自宅で出来る性病検査
GMEが信頼性も高くおススメです。 アクセスランキング

性病検査可能期間と性病の潜伏期間 [性病検査可能期間と性病の潜伏期間]

性病にかかっても症状が出るまでには期間があります。

潜伏期間と言いますが性病によっても異なりますし
個人差もあります。

また性病検査を行う場合も検査が可能となる期間があります。

その前に検査を行っても陰性(性病にかかっていない)と
判断されることがありますので注意が必要です。

郵送自宅性病検査を行う場合も心配になり焦って検査しても
早すぎる場合結果が正しく判断されない場合があります。

以下の期間を参考にして検査を行ってください。

しかし個人差もあるので病院や、kensa.bizgme医学検査研究所などの
性病検査キットメーカーに期間を確認して検査を行うようにしましょう。

性病(性感染症:STD) 潜伏期間 性病検査可能日の目安 備考
クラミジア(性器クラミジア感染症) 1週間~2週間 感染した日から3日 感染する機会があった日から3日後から
検査が可能と考えられています。
淋病(りんびょう)・淋菌感染症 2日~7日間 感染した日から3日 感染する機会があった日から3日後から
検査が可能と考えられています。
梅毒(ばいどく) 3週間~3ヶ月 感染した日から1ヶ月後 4週間後以降、梅毒血清反応検査が可能。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス) 1年~10年 感染した日から3ヶ月後 HIVの抗体が血液中にできるまでに、
約6~8週間かかります。
この間は正確な検査ができません。
(他の人にうつす可能性はあります)
膣トリコモナス 3日~10日前後 感染した日 感染する機会があった日から検査可能です。
しかし、症状がないと膣トリコモナスを検出できない場合があります。
性器カンジダ症 2日~7日間 感染した日 感染する機会があった日から検査可能です。
しかし、症状がないとカンジダ菌を検出できない場合があります。
尖形コンジローマ(ヒトパピローマウイルス) 3週間~6ヶ月 症状が出てから 症状が出て、ウイルスを採取できる状態であればいつでも検査可能
性器ヘルペス 2日~10日間 症状が出てから 症状が出て、ウイルスを採取できる状態であれば検査可能
毛じらみ(ケジラミ症) 1ヶ月~2ヶ月 不定期 無症状でもケジラミを発見できれば検査可能
非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頸管炎) 1~5週間 症状が出てから 症状が出て分泌液を採取できる状態であれば検査可能
軟性下疳 2日から7日前後 症状が生じているとき 症状があれば検査可能
A型肝炎 2~6週間(平均1ヶ月) 症状が生じているとき 症状が出てからの検査になります
B型肝炎 1~2ヶ月 症状が出てから 潜伏期間の間でも検査できる場合があります
が反応が出る期間に個人差があるので自覚症状が出てからの検査が現実的です。
C型肝炎 2週間~3ヶ月 1週間後~3ヶ月後 検査可能日は検査方法により異なり感染日から1週間後~3ヶ月後


データーの出所により若干の違いがございます。
検査される場合は必ず確認していただいて
自己責任でお願いします。

性病検査キットのメーカーkensa.biz、gmeの
バナーを下記に載せていますので必要ならば
そちら方お問い合わせください。








少しでも気になることがあればすぐに郵送性病検査キットで性病検査を行いましょう。
結婚前に互いに性病でないことを確かめましょう。
郵送性病検査男女パーフェクトペアセット (ブライダルキット)
女性用性病検査キットです。
郵送性病検査キット 女性
男性用性病検査キットです。
郵送性病検査キット 男性
性病検査キットの梅毒、淋病、HIVなどの単体ごとの比較です。
性病検査キット単体項目別比較

記事が少しでも参考になれば、ぽちっぽちっとお願いします。

病気・症状 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村



共通テーマ:健康

Facebook コメント

郵送性病検査キット 性病検査男女パーフェクトペアセット
広告スペース
Copyright © 郵送 性病検査はgmeやkensa.bizのキットで All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。